社会連携?生涯学習Social activity & Lifelong learning

学長メッセージ

国連が2030年までに世界中の国々が達成を目指すべき共通の目標として掲げた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」を受け、日本国内でもさまざまな取り組みが始まりました。

駒澤大学のSDGsの原点は、建学の理念「仏教の教えと禅の精神」にある「智慧(ちえ)と慈悲(じひ)」の心にあります。「智慧と慈悲」は、本質の洞察に基づいて、あらゆるものを大切に扱うということです。この心は、SDGsの基本理念である「誰一人取り残さない社会の実現(leave no one behind)」と通じるものであり、SDGsの17の目標は、本学が目指し続けてきた社会の実現ための目標でもあるといえます。

2021年4月に学長に就任し、本学の目指すべき方向性として、「デジタル化(DX)の推進による大学のマネジメント改革」と「ダイバーシティ(多様性)の尊重による個を活かす大学」の2つを掲げました。

ダイバーシティの尊重は、言うまでもなく、SDGsの17の目標と深いつながりがあります。一口に多様性といっても、性別、人種、年齢、身体的な障害など見えやすいものから、国籍、出身地、貧困、家族構成、性的指向、さらには価値観といった見えにくいものまで、多岐にわたります。そのような属性に捉われることなく、平等に機会が与えられる、個性を活かすことのできる大学を目指しています。

デジタル化は、ダイバーシティの尊重のための大事な手段です。オンラインツールを使うことによって、学び方、働き方にさまざまな選択肢が出現しました。一人ひとりが自分に合った選択ができることは、ダイバーシティの尊重につながります。

SDGsの1つ1つの目標をみてみると、個人では達成が難しいように感じるかもしれません。「駒澤大学×SDGs活動報告書」に掲載されている取り組み事例が、個人レベルでの取り組みのヒントになれば幸いです。方法は一つではありません。「誰かのために行う」ということが、すべてSDGsにつながり、そしてその原点はやはり「仏教の教えと禅の精神」にあるのではないでしょうか。
 
本学では、個が活きる社会の実現に向けて、教職員、学生、地域社会、様々なステークホルダーと協働し、取り組みを進めてまいります。

2022年3月30日
駒澤大学学長 各務 洋子

駒澤大学ロゴSDGsロゴ?バージョン2_small.png